小遣いのほとんどはお菓子関連に消えてしまう

お小遣いの使い道、私の場合はほとんどお菓子関連に消えてしまいます。
お菓子と言っても買って食べるのではなくて、作るための材料費用に充てています。
数年前からお菓子づくりをするようになり、それがずっと続いているんですが、お菓子も作るのに結構お金かかりますしね。

基本的には100円ショップなんかも利用してできるだけ安く済むようにしていますが、どうしても安く買えないものも結構あります。
バターや生クリームは常備していますが、あまり使い過ぎると高く着くので控えめにしていますね。
小麦粉なんかは量の割に値段が安いのでいいですが、フルーツなんかも使う量によってはなかなかの値段になります。

作り始める前はもっぱら食べ歩きで買うだけだったのですが、作り始めると買うより楽しいし、練習次第で結構美味しくできたりして、何となく達成感もあったりします。
結局気づくと月の小遣いのほとんどはそれに費やしていることが多いですね。
もちろん他にも使いたいのですが、お菓子づくりを始めてからは外出するのもほどほどになったので、洋服を買ったりすることが多かった以前より余計な出費は少なくなりました。
ファッションは相変わらず好きなんですが、今は欲しいジャケットがあっても我慢して、その分でオーブン買うかななんて思ってしまいます。

そのうちに余裕があればフランスに道具を買いに行こうかと思っていて、今詳しい人にいろいろと教えてもらっているところです。
日本だと輸入品があまりに高くて手が出ないんですね。
またフランス菓子の勉強のために現地の美味しいパティスリー巡りもしようと画策中です。
結局細々買ってしまうので毎月そんなに残らないのですが、しばらくこの傾向は変わらなさそうですね。