私が初のマイカーと出会うまで

ずっと家族で一台の車を所有していて、父の車をみんなで使うことで不便はなかったのですが、その後地方に引越すことになり、初めてのマイカーを購入することにしました。行き先の地域では、大人は一人一台車を持っているのが当たり前だそうで、スーパーやコンビニに行くにも、仕事に行くにも車は必須です。

私は特に車にこだわりがなかったので、オートマの軽で、特に問題がなければ何でも良いと思っていました。でもちょっと調べただけでも、物凄い車種と性能の違いと、色やデザインの物があって、選ぶのが大変だと思い、何人かの友人にも軽く意見を求めてみました。

そうしたら、みんな凄く車に対してこだわりと言うか、思い入れがあって、私は軽く聞いただけなのに、中古車から新車まで本当によく調べて、比較検討してくれました。私は、夕飯の材料を買うのと同じような感覚で、近場で安くて新しいのを買えればいいかなと思っていたのですが、ある友人などは、少し遠出になるけれど、今出ているかなり条件の良い中古を見に行くのはどうか、自分も一緒に着いて行くとまで言ってくれました。彼も暇じゃないでしょうに、本当に親切です。

それまで知らなかったのですが、彼は結構車にはうるさくて、詳しいみたいでした。そんな友人が熱心に勧めてくれたので、行ってみようかなと思いつつ、でも遠出が面倒だったのと、中古より、やはり新しい物の方が安心ではないかなという思いがあって、躊躇していました。
そんな時、フラッと立ち寄った近所のお店で、ある新車の軽が目に留まりました。金額的にも、外見的にもなかなか気に入って、後日「その子」を我が家に迎えることに決めました。自宅から自転車で10分程の場所です。これが、私の初めてのマイカーとの出会いでした。